ペットが皮膚病にかかってしまったら|飼い主にできること

飼いやすいペット

金色のきれいな毛並みが特徴のゴールデンレトリバーは、温厚で賢く家庭犬に適した犬種です。運動が好きですので、毎日朝夕それぞれ30分以上の散歩をする事が理想です。股関節形成不全や胃捻転にかかりやすいので注意が必要です。ゴールデンレトリバーの寿命は12歳前後です。

動物の皮膚はデリケート

ドッグ

痒いポーズが病気のサイン

犬や猫、小動物などのペットは、皮膚がとても薄くて皮膚病に弱い肌質をしています。毛が多いのでパッと見では分からず放置してしまい全身に皮膚病が広がった、などの例もめずらしくありません。代表的な皮膚病は、免疫低下に伴う細菌や真菌から起こるもの、寄生虫によるものなどがあります。アレルギーや皮膚トラブルなどからも皮膚病は発症します。舐性皮膚炎と呼ばれる、ストレスによる身体の舐めすぎから皮膚がめくれ、炎症を起こすものもあります。ペットの皮膚病の多くは強い痒みや抜け毛から始まります。身体をひっきりなしに掻いている、特定の個所が脱毛しているなどの初期症状を見逃さず、少しでも異常を感じたら動物病院で検査してみましょう。治療には抗生物質やステロイド、抗真菌薬など、病状に応じた薬が用いられます。家では、アレルギー成分の少ないシャンプーで身体をきれいにしてあげ、栄養バランスのいいペットフードを与えてください。ブラッシングなどのときに覆われた毛をめくり、ときどき皮膚の状態をみてあげましょう。皮膚病に気がつかず放置するとペットは、痛い痒いなどの症状がある部分を掻いたり、舐めたり、噛んだりを繰り返します。その結果二次感染を引き起こして、なかなか完治できなくなってしまいます。ほかにも皮膚病を放置すると、リンパ節が腫れる、しこりになる、部分的にはげるなどのさまざまな皮膚トラブルが発症してきます。早期発見と早期治療で、1日も早くつらい皮膚病からペットを解放し、元気で長生きさせてあげましょう。

近年のペットブームの中で

ドッグ

ペットブームの中、ティーカッププードルという犬種が非常に注目を集めています。かわいい容姿に飼いやすい性格なので、初心者の方でも安心して飼うことができます。その値段の相場は約30万〜と言われており、値段は少々高いですが、多くの人に人気となっています。

人懐こいかわいい犬

飼い主とペット

パピヨンは賢く健康な犬なので、比較的飼いやすい犬だといえます。長い毛は抜けにくく伸びるのが緩やかなので、頻繁なトリミングは必要ありません。運動が大好きなので、毎日散歩に連れて行ってあげましょう。ただし、細い脚は骨折や関節痛を起こしやすいので注意が必要です。